アレルギーや花粉症を抑える「Tレグ細胞」は短鎖脂肪酸の「酪酸」で増やせる

アレルギー 花粉症 ぜんそく アトピー性皮膚炎
LINEで送る
Pocket

日本人の3人に1人が花粉症にかかっていると言われていて、私の嫁さんも酷いアレルギー持ちです。

また、アトピー性皮膚炎やぜんそくなど、日常生活に支障をきたすアレルギー反応など、免疫が関係しておこる症状はたくさんあります。

そんな「免疫の暴走」によって起こってしまう深刻な病気を、「Tレグ細胞」という免疫細胞が抑えてくれるのです。

現在Tレグ細胞は世界中で研究されている希望の星なため、「100%そう言える」という医学的な根拠はまだありません。

しかし、実験でたくさんのデータが出ているため、信ぴょう性が高く、アレルギーに悩んでいる人はぜひ読んでみて欲しいと思います。

アレルギー反応を抑える制御性T細胞(Tレグ)

アレルギーは、アレルゲンとなる物質がカラダに入ってきたときに、過剰に反応して起こるものです。

Tレグ細胞は「制御性T細胞」ともいい、アレルギー症状をおこす「免疫細胞の暴走(過剰反応)」を抑える働きをもっています。

参照ページ:制御性T細胞 – Wikipedia

 

Tレグの元となっているのは「T細胞」で、成長途中のT細胞にある物質が働きかけるとTレグに変化します。

変化したTレグは「なだめ役の免疫細胞」で、そのまま育ったT細胞は「攻撃役の免疫細胞」です。

 

攻撃役の免疫細胞が過剰にアレルゲンに反応することでアレルギー症状が出てしまうわけで、なだめ役のTレグがたくさんいれば、アレルギー症状が抑えられるというわけですね。

では、T細胞にどのようなことをすれば「アレルギーを抑えるTレグ」に変化するのでしょうか?

短鎖脂肪酸の酪酸がTレグを増やす

日本の理化学研究所で行われた実験によって、

  • 未熟なT細胞は、「短鎖脂肪酸」という物質でTレグに変化する

ということが分かりました。

マウスに食物繊維が多い食事を与えると、それらをエサとする腸内細菌が短鎖脂肪酸を増やし、アレルギーを抑えるTレグが増加したのです。

 

また、「短鎖脂肪酸にはたくさん種類があるけど、一体どれが一番Tレグを増やすんだ?」という研究もされました。

その結果、「酪酸」という有機酸を与えたときに、Tレグがたくさん増えることが分かったのです。

 

酪酸が成長過程のT細胞のDNAに働きかけて、「Tレグに変化させる」となるため、言い換えれば

  • 酪酸を日常的に摂っていれば、免疫細胞が過剰反応を抑えられる

ということになりますよね。

そのため、アレルギーに悩まされているのなら、酪酸を積極的に摂ったほうがいいでしょう。

酪酸が多く含まれている食品

ありがたいことに、善玉菌の一種である「酪酸菌」は、名前のとおり酪酸を作り出す善玉菌です。

糖を分解して酪酸を作ってくれるほか、腸内の善玉菌を増やしたり、腸内フローラのバランスを整える力も持っています。

酪酸菌が含まれている食品はぬか漬け」です。

ぬか漬けには乳酸菌や酵母菌、酪酸菌などの善玉菌がたくさん入っていて、これらの菌が発酵をさせることで出来る食品です。

酪酸菌が発酵すると独特の臭いがあり「正直臭い」ので、ぬか漬けも結構な匂いがあります。

そのため、酪酸菌が入ったサプリメントや整腸剤を飲むほうが摂取は簡単ですね。(有名なものはミヤリサン・ビオスリーなど)

腸内細菌も酪酸を作り出すことができる

酪酸は食品にも含まれていますが、外部から酪酸自体をとっても「一時的な効果しか望めない」のが現状です。

そのため、「腸内細菌に酪酸を作ってもらう」ほうが、長い目で見れば効果が高いのでオススメですね。

 

酪酸を作り出すことができる菌には、大腸に住んでいる「酪酸菌」「クロストリジウム門・ユーバクテリウム門」などの菌種があります。

これらは主に大腸に多く、また大腸は小腸の後に続いている器官のため、菌が酪酸を作るためのエサを遠くまで運んであげる必要があります。

「遠くまで」というのは、エサとなる水溶性食物繊維の多くが「小腸で使われてしまう」ため、毎日たっぷりと水溶性食物繊維を摂って十分に届ける必要があるということです。

 

水溶性食物繊維は「野菜・豆類・果物」などに多く含まれています。

詳細は別ページ「水溶性食物繊維が多く入っている食べ物」をどうぞ。

また、どうしても「野菜は嫌いだし食べられない・・・」という場合は、「難消化性デキストリン」という粉状の水溶性食物繊維がオススメです。

毎日たっぷり摂れるし続けやすいので、酪酸を増やすには最適な製品じゃないかなと思いますよー。(この粉が入っているとトクホ商品に認定されるほど)

余談ですが、酪酸および短鎖脂肪酸には「ダイエット効果」も期待できます。

詳しくは、「菌活をすれば痩せる・ダイエットできるって本当?|短鎖脂肪酸とサプリメントの関係」を見てみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です