LGG菌の特徴|子供のアトピー発症率を抑える・体脂肪の低下

LGG菌
LINEで送る
Pocket

ラクトバチルス属に分類されるラムノーサス種LGG菌は、「世界でもっとも研究の進んでいる乳酸菌」です。

乳酸菌が「腸内環境を整えて健康を促進してくれる」と注目されだしたのは最近のことですが、LGG菌は1985年に発見されて、様々な国で活用されています。

現在分かっている主な効果は、

  • 整腸作用
  • ダイエット効果
  • 発ガン性物質の生成を抑える
  • 子供のアトピー発症率を半分に低下させる
  • 花粉症の症状を改善する
  • 体脂肪を低下させる

などがあり、多くの実験データが出ていて信頼できる善玉菌の一つとなっています。

LGG菌に健康効果が多いのは、「体内での優れた耐性力・菌の表面が繊毛だらけ」という特徴があるからとされています。

胃酸や胆汁に耐性があるため生きたまま腸に届くし、菌の表面が小さな毛で覆われているため、腸の粘膜に付着しやすいためです。

腸の免疫力は、腸管に善玉菌がくっつくことでより強化されるため、LGG菌は整腸作用や特定の効能がほかの菌より期待できるわけですね。

LGG菌の抗アレルギー作用は子供のアトピー発症を防ぐ

アトピーと聞くと、一番に思い出されるのが「皮膚の炎症」かと思います。

アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に見られる、痛々しい皮膚の炎症を伴う病気ですね。

私の実家の横に住んでいた友達も、ひどいアトピー性皮膚炎で、よくかきむしって皮膚がボロボロになっていました・・・。

痒くて掻いてしまい、皮膚が乾燥して血が出ていて、しかも子供の頃から・・・私本人が発症していたわけではありませんが、その辛さは見ているだけでも伝わるほどです。

乳酸菌のLGG菌は、このアトピーの発症を抑える効果があり、「子供のアトピー発症率を半分に低下させる」という凄い働きがあるんです。

 

【実験内容】

フィンランドで行われた研究では、アトピー症状のある妊婦さんたちに、LGG菌を摂取してもらい、生まれてくる新生児のアトピー性皮膚炎の発症率を比較しました。

出産予定日2~4週間前から出産後6ヶ月(母乳の時期)まで比較し、生まれた子供が2歳になるまでのアトピー発症状況を調べたものです。

結果は、何も飲んでいなかったグループの子供のアトピー発症率が「46%」だったのに対して、LGG菌を飲んでいたグループは「23%」というデータが出たのです。

なんと発症率が半分にまで抑えられたわけです、たかが乳酸菌ですが、この効果はバカにできません・・・すごい!

 

現在お子さんがお腹の中にいて、自分にアトピー症状がある or 過去にあった場合は、ぜひLGG菌を摂取してください。

子供がアトピーで苦しめられる確率が半分に減るわけですから、できることはやっておいたほうが後悔せずにすむと思います。

LGG菌には体脂肪を低下させる(脂肪分解の促進・脂肪合成の抑制)

LGG菌の特徴的な効果には、「体脂肪を減らしてくれる」という嬉しい作用もあります。

【実験内容】

肥満のマウスにLGG菌を含む乳酸菌3種類を与えたところ、

  • マウスの体脂肪が低下した
  • 体重の有意な低下もみられた

といったデータが取れました。

このことから、マウスの「脂肪組織における脂肪分解の促進」や「脂肪合成の抑制」が起こったことが分かります。

また、別の研究では、LGG菌を与えたところ「脂肪細胞の肥大化を抑制する物質が増加した」というデータもあります。

 

要約すると、LGG菌は「脂質の代謝や脂質の合成に働いて、体内の脂肪を減らしてくれる」というわけですね。

LGG菌を食べるだけで劇的に痩せるわけではありませんが、太りにくいカラダを作る手助けをしてくれることが分かっています。

そのため、特に「太りたくない、脂肪を減らしたい女性」にはオススメの乳酸菌ですね。積極的に摂りましょー!

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です