HOKKAIDO株の特徴|日本人由来の植物乳酸菌・生きて腸に届き増殖する

HOKKAIDO株
LINEで送る
Pocket

HOKKAIDO株は、北海道の農家が作った漬物から分離した、新たな植物乳酸菌株です。

「日本人が昔から食べている漬物に入っている菌は、健康効果も高いだろッ!」と開発された菌で、ほかの菌よりも体内での生存力が強く、少量でも高い健康効果を発揮してくれます。

【HOKKAIDO株の特徴】

  • ヨーグルトなどの動物性乳酸菌よりも「繁殖力・耐久力」が高い
  • 生きて腸まで届く性質がある
  • さらに腸内で増殖するため、整腸作用が高い
  • 大腸菌O-157が腸管に付着するのを防ぐ
  • 酒にHOKKAIDO株を入れると「乳酸菌飲料」に匹敵する乳酸菌量になる
  • 酸味を持つ野菜ジュースなどを作るのに適している(発酵の用途)

HOKKAIDO株は胃酸では死なず、さらに腸内で「摂取時よりも数が増える」

人の胃の中では、「空腹時はPH1~2」で、「食後はPH3~5」になります。

HOKKAIDO株を使った実験では、食後と同じPH3の状態では、4時間まで菌が死ななかったというデータがあります。

また、食べた物は胃を通った後に腸内に24時間ほど留まるため、同じように時間を増やしてみると、HOKKAIDO株は死滅せず、むしろ増殖して増えていたという結果が出ました。

 

ほとんどの乳酸菌は胃酸や胆汁に強い性質を持っていたとしても、生きた菌の数は減ってしまい、増殖することはできません。

特に、一定の環境下でしか生きられない動物乳酸菌はこれが顕著で、整腸作用はごく一時的になってしまうことが多いのが現状です。

 

HOKKAIDO株はこうした研究から、「ある程度の酸度までは生きたまま腸内に届くし、その数も多いし、さらに増殖までする」ので、生きた乳酸菌の効果を実感するには最適な菌種でしょう。

HOKKAIDO株は、腸内の善玉菌量が増やす・活発化する力が強い

どんな乳酸菌でもビフィズス菌でも、生きたまま腸に届いてくれば、腸の粘膜に張り付いて「悪玉菌がくっつく場所を少なくする」という働きを持っています。

腸内は「イス取りゲーム」のように、居座れる場所が限られているため、善玉菌がたくさんいれば、腸粘膜に悪い菌がくっつくスペースがなくなるというメカニズムです。

また、善玉菌が「うぉーやったるでぇ!」と活性化していれば、その敵役である悪玉菌の働きは弱まり、結果的に「腸の免疫力が上がる」ということに繋がります。

 

HOKKAIDO株を使った実験では、「大腸菌O-157の腸管付着を抑制した」というデータがありますが、これは上記のメカニズムが働いたためです。

悪い菌が腸に入ってきても、居座るための粘膜が空いてなかったり、強い敵である「活性化した善玉菌」がたくさんいれば、悪さをすることはできません。

そのため、腸内に届いて増殖するHOKKAIDO株は、免疫力を向上させる効果がより高い菌といえますね。

HOKKAIDO株の「体内での生存率・増殖力」は、言い換えると「少量の菌数でも健康効果が高い」や、「2日に1回の摂取でもほかの菌より意味がある」といえます。

いくらカラダにいいと分かっている食品やサプリメントでも、毎日たくさん摂るのは難しいので、継続するのが難しくて悩んでしまったときは、「あ!少量でも健康になれるHOKKAIDO株なら適任かも!」と思い出してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です