酢に含まれる酢酸菌の効果|肥満・高血圧の改善・消化吸収力UP・疲労回復効果

お酢と酢酸菌
LINEで送る
Pocket

「酢はカラダにもいいし美容にも効果あるからたくさん摂ろう!」

なんてよく聞きますが、これは本当なんです。

 

お酢は「酢酸菌」という善玉菌がアルコールを「酢酸発酵」させることで出来る調味料で、

  • 肥満の改善
  • 血圧上昇抑制による高血圧改善
  • 消化吸収力の向上
  • 食後の血糖値上昇を緩やかにする(コレステロール・脂質の低下)
  • 生活習慣病の予防
  • 空腹を抑えてダイエットの手助けをする

などの健康効果がたくさん詰まっています。

 

発酵が強いので酸味が強く刺激臭もありますが、それだけカラダにいいってことですね。

私はお酢が苦手なんですが、最近はカラダの健康を考えて積極的に摂るようにしています。

 

日本の発酵食品はクセが強くて好き嫌いが激しいものが多いですが、納豆や味噌など、カラダにいい食品がたくさん揃っています。

毎日食べるのは難しいとしても、「そういえば酢はカラダにいいんだったな、サラダに酢入りドレッシングかけて食べるか~」と思い出してもらえれば幸いです。

余談ですが、酢にはカラダを柔らかくする効果があるとよく耳にしますよね。

酢に含まれている「酢酸菌」は、タンパク質を分解して柔らかくする特徴があり、また酢の酸味である酢酸は体内で「クエン酸」に変化します。

クエン酸には血行改善などの作用や、細胞内でエネルギーを酸性して疲労を解消させるため、そういったことが関係してカラダが柔らかくなるんじゃないでしょうか?

医学的根拠はありませんが、カラダは食べ物から摂った栄養素と体内で合成された栄養素で作られているので、食べ物の影響は思っているより大きそうです。

酢酸菌は殺菌力の強い「酢酸」という酸性物質を作り出す

菌の名前の通り、酢酸菌は「酢酸」という有機酸を作り出します。

乳酸菌は乳酸を作り出して、それらが腸内に働きかけて免疫力を上げますが、酢酸菌は乳酸よりも酸性なため、殺菌力が高く、腸内のバリア機能に有効的です。

ビフィズス菌も「乳酸・酢酸」の両方を作り出しますが、実は酢に入っている菌にも殺菌効果や免疫効果があるわけです。

 

そのため、酢は魚の臭みを消したり、食品を殺菌するためにもよく使われますよね。

肉を柔らかくしたり酸味によって食欲増進も期待できるので、酢をそのまま取らないで料理に入れることもオススメできます。

 

また、ダイエットには「短鎖脂肪酸」という物質が大事!とよく言われていますが、酢酸菌はまさにその短鎖脂肪酸の一種です。

短鎖脂肪酸には「酪酸・乳酸・プロピオン酸」などがありますが、その中でも酢酸にはより肥満改善に効果が期待できるのです。

 

美容大国の韓国では、酢の消費量が日本よりも多く、また乳酸菌がたくさん入っているキムチもよく食べられています。

酢酸菌や乳酸菌などの美容と健康にいい善玉菌がたくさん食べられているため、ぜひ私たちも負けない様に善玉菌食品を食べるようにしましょう。

腸内に住んでいてカラダに害のある悪玉菌は、アルカリ性の状態で活動力が高くなります。

肉が腸内で腐敗すると悪玉菌の栄養源となり、アンモニアなどのアルカリ性物質を作りだすのです。

でも、酢をとっていれば「腸内を弱酸性に保ちやすくなる」ため、悪玉菌の繁殖や、有害物質の生成を抑えることができます。

お酢は「疲れしらずのカラダになりたい」「病気に負けない免疫力が欲しい」「肌荒れなしのツルスベ肌がいい」といった希望を叶えてくれる食品なので、苦手じゃないなら積極的に摂るべきですね。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です