糖質制限・炭水化物抜きダイエットは自殺行為|腸内環境の乱れに繋がる

糖質制限
LINEで送る
Pocket

糖質制限とか炭水化物抜きダイエットって、最近よく流行ってますよね。

カロリーが高いから抜くだけで痩せていくし、血糖値の急上昇が抑えられるから、お腹が急激に好かなくなってダイエットを続けやすくなるし。

痩せるには、ある程度の糖質制限が必要だとは思います。私もやってました。

 

でも、腸内の乳酸菌は「糖類」を栄養源としているし、痩せる物質の源である「短鎖脂肪酸」の栄養源も糖質なのです。

そのため、炭水化物を摂らない生活を続けていると、

  1. 腸内細菌が育たなくなる
  2. 腸内の有機酸が減るため、腸内がアルカリ性に傾いて「悪玉菌が繁殖しやすい環境」ができてしまう
  3. 便秘になりやすくなったり、有害物質が充満して「肌荒れ」などの健康被害がでてくる

など、たとえ痩せることができても「美容への悪影響」が出てしまうため、デメリットが沢山あります。

 

また、腸内細菌が糖類を発酵させるときに出る「短鎖脂肪酸」には、余分な脂肪の蓄積を抑える働きや、食欲を抑える効果がありますが、糖質制限をするとこの物質が減ることになります。

そのため、たとえ糖質制限で一時的に痩せたとしても、カラダの中は「太りやすい状態」になっているといえます。

炭水化物を一切摂らないことは、「腸内環境を悪化させてリバウンドしやすくしている・・・」といっても過言ではないのです。

糖質制限・炭水化物抜きダイエットはダメなの?

カロリー制限はもちろん必要ですが、「糖質をまったく取らない」のは腸内環境を悪化させる要因になってしまうため、あまりオススメはできません。

そのため、「毎日摂っている糖質の量を減らす」がベストかなと思います、1/3減らすとか半分に抑えるといった具合ですね。

 

「うぉー今日から糖質制限で痩せるぞー!」と気持ちが高まっているときは、つい「極端な食事制限」をしがちです。

気持ちは十分わかりますが、ダイエットを成功させるには「リバウンドしにくく、続けやすい方法を行うこと」なので、腸内が太りやすい状態になることは避けたほうがいいでしょう。

ダイエットにオススメの食生活

【糖質制限】

糖類や炭水化物を全く取らないのはダメなんですが、摂りすぎも太る原因そのものです。

そのため、主食である「白ご飯、うどん等の麺、パン」などの量を減らすことをオススメします。

ただ、主食が減るとお腹が空いてしまうので、別の食べ物で補いましょう。(肉や魚、野菜など)

間食してお菓子やパンを食べるよりも、主食以外の量を増やして間食しないほうがよっぽどいいですからね!

 

【1食分置き換える】

昼ご飯を抜いてしまうとエネルギー不足になってしまうので、朝か夜の食事を置き換えましょう。

朝ごはんをバナナやリンゴを入れたスムージーにしてみたり、夜ごはんを鳥のささみを茹でたサラダなどにしたりと、カロリーが低い食事を「普段の生活に取り入れる」というものですね。

当ページでは、食事1回分を「決まったメニューに入れ替える」ことを置き換えとしています。

食事を丸ごと置き換えれば、その分だけ摂取カロリーを抑えることができるし、毎日続けやすいメリットがあります。

 

【水溶性の食物繊維を摂る】

ダイエット中はお腹がどうしても減ってしまいますよね。

そんなときは、「血糖値の急上昇を抑える食物繊維(水溶性)」を食事に取り入れましょう。

おもに豆類や野菜、果物に多く含まれていて、トクホの飲料にもよく入っている成分です。

お腹が空いてしまうのは、「血糖値が急上昇した後に急下降してしまい、脳が栄養補給してー!」と指令を出すために起こるからです。

血糖値の急上昇を抑える成分を食事で摂れれば、食後にお腹がすきにくくなるため、ダイエットを成功させやすくなります。

また、水溶性の食物繊維には、「脂肪の吸収を抑える・脂肪を吸着しカラダの外に排出させる」というダイエットには魅力的な作用もあります。(腸内の善玉菌のエサにもなる)

 

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です