乳酸菌飲料の「殺菌済み」について

殺菌済み
LINEで送る
Pocket

乳酸菌飲料には、「殺菌済み」と書いてあるものがあります。

乳酸菌は「菌」なので、殺菌の文字通り「乳酸菌の死骸」がたくさん入っていることになるのです。

死んだ乳酸菌を摂っても意味はない?

いいえ、そんなことは全くありません。

むしろ、「生きたまま腸に届く」と言われている乳酸菌とさほど変わらず、腸内の健康に大きく役立ってくれます。

 

乳酸菌には大きく分けて、「生菌」と「死菌」があり、殺菌済みの乳酸菌飲料に入っているのは後者の死菌です。

死んでしまった乳酸菌は、腸内にいる善玉菌のエサになってくれるため、元々住んでいる腸内細菌を活発にする力があります。

また、食物繊維と同じく「善玉菌が退治した悪玉菌を便として排出する役割」もあるため、じゃんじゃん乳酸菌は取るべきでしょう。

 

ちなみに、生きて腸まで届く乳酸菌の「生菌」には、悪玉菌のエサとなるタンパク質を取ったり、腸内の粘膜に定着して「悪玉菌の繁殖の場を減らす」という役割があります。

生きていても死んでいても、乳酸菌は腸内フローラを整えるために一役買ってくれるわけですね。

乳酸菌の死骸が腸内にいる菌を増やすとどうなる?

乳酸菌の死骸は、腸にいる乳酸菌や善玉菌のエサになり、元から住んでいる乳酸菌を増やしてくれます。

すると、乳酸や酢酸という「有機酸」が作られて、その有機酸が腸内を弱酸性に保ってくれるのです。

 

カラダに悪さをする悪玉菌はアルカリ性を好むため、腸内を弱酸性にしておけば「悪玉菌の増殖」を抑えることができ、善玉菌が活き活きと働けるようになります。

また、有機酸には「腸のぜん動運動」を促す働きもあるため、便秘の予防や解消にも効果的です。

※蠕動運動・・・腸に溜まった排泄物をお尻のほうに押し出す動き(これが弱ると便秘になる)

 

悪玉菌がたくさん繁殖して好き勝手している腸内は、有毒物質を作り出して様々な健康被害を生み出します。

うんちやオナラが臭いのも、太りやすい体質も、疲労を感じるのも、肌荒れが起こるのも。

 

殺菌済みと書かれた乳酸菌飲料でも、死菌が腸内細菌を活発にしてくれるため、気にせず飲んでいきましょう。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です