ヨーグルトを加熱・冷凍しても乳酸菌は死なない?|乳酸菌の耐熱温度

電子レンジ
LINEで送る
Pocket

一時期、ヨーグルトを電子レンジで温める「ホットヨーグルト」が流行りました。

冷えはカラダの天敵ですし、ゆずとハチミツのホットドリンクのように、美味しくて健康にも良いからです。(なんかおしゃれだし)

冷蔵庫で冷やした状態では、乳酸菌の活動が弱まっているため、温めて活発にしてから食べようというものです。

 

今回は、ホットヨーグルトのように「温めても乳酸菌が死なないか?」もしくは、腐りそうだから冷凍庫に入れて、「冷凍保存しても乳酸菌が生きてるか?」について解説していきます。

乳酸菌が一番活発になるのは「40℃前後」で、100℃を超えると数秒で死滅する

乳酸菌は、生き物の腸内で繁殖していたり、外にある植物の表面や空気中にも存在しています。

乳酸菌の働きが最も活発になるのは、約40℃前後の環境下です。ちょうど人の腸内ぐらいの温度ですね。

 

また、60℃前後になると30分程度しか生きられず、100℃を超えると数秒で死滅してしまいます。

そのため、ホットヨーグルトぐらいなら全然大丈夫ですが、ヨーグルトを火にかける料理に使う場合は、生きている乳酸菌は摂取できません。

ただし、死んだ乳酸菌も腸内細菌のエサになったりと、死菌ならではの役割があるため、無駄にはなりません。

 

一番いいのは、生きたままの乳酸菌を摂って、胃酸などで死んでしまったとしても「生菌と死菌の両方」が摂れることになるので、加熱せずに食べることですね。

ヨーグルトは冷凍保存しても問題はない

乳酸菌サプリメントに入っている乳酸菌は、乳酸菌を乾燥させて「活動を止めた状態」です。

ちゃんと生きていますし、かといって繁殖が進んで腐ることもありません。

 

ヨーグルトを冷凍保存した場合も、同じように乳酸菌の活動が止まるだけで、死ぬことはなく生きたままの状態を保てます。

そのため、ヨーグルトが腐りそう、でも捨てるのはもったいない・・・というシチュエーションでは、冷凍保存も方法の一つになります。

 

イメージ的には、人の卵子や精子を冷凍保存したりとか、医療現場で使われている冷凍技術のような感じですね。

細胞の活動を停止するだけで、死滅するわけではないし、腐敗も進まないので「解凍したらまた活動が始まる」というものになります。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です