腸が結構になればカラダの免疫力UPに繋がる|免疫細胞が集まっている器官

免疫細胞
LINEで送る
Pocket

腸はカラダの中でも有数の免疫器官です。

全身の免疫細胞のうち、60~80%が腸に集中しているし、口から摂った食べ物や菌など、善悪関係なしに腸へと流れ込んできますよね。

腸の免疫細胞がしっかりと機能していないと、ウイルスや病原菌を倒すことができず、すぐにカラダの調子を悪くしてしまうことは容易に想像できます。

 

最近は乳酸菌サプリや善玉菌など、腸の働きを活発にさせるものが注目されていて、手軽に腸内フローラを改善できる環境が整っていると思います。

腸内環境を改善するために食生活を変えることは大変なので、まずは続けやすい方法で腸を健康にしてみてはいかがでしょうか。

小腸には「パイエル板」と呼ばれる免疫の基地がある

腸にはパイエル板(ぱいえるばん)と呼ばれるところがあります。

小腸の内側はデコボコしたヒダ状になっていて(絨毛)、そのヒダの一部分にパイエル板が存在します。

このパイエル板は「腸管の免疫を司る司令塔」のような役割をしていて、腸内に侵入した病原細胞などを倒すための武器を作っています。

また、パイエル板で作られた免疫細胞は口や鼻などにも送られて、菌やウイルスを倒してくれる働きも持っています。

腸内環境が悪いと腸管免疫がうまく機能しない

パイエル板などの腸管免疫は、腸内環境が悪くなると作用が低下してしまいます。

いい腸内細菌らが腸管免疫の発達や働きを維持するために重要な役割を持っているため、腸内が悪玉菌だらけになってしまうと、免疫系に不具合がでてしまうのです。

 

腸の免疫が機能しなくなると、食べ物にくっついてウイルスや細菌を倒すことができなくなります。

そうなると、病気にかかりやすくなったりアレルギー症状が出てしまったりと、日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

また、免疫細胞は「ガン細胞の増殖」も抑えているので、腸の働きが弱まっていると知らずうちにガンが進行・・・という恐ろしい状況にもなっているのです。

腸の免疫力を上げるには、腸内細菌を増やすことが大事

乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌は、腸内で「乳酸・酢酸」といった酸性物質を作り出し、腸内を弱酸性に保つ働きがあります。

腸内が弱酸性になれば、善玉菌の敵である悪玉菌の増殖を抑えることができ、腸内の活動力を取り戻すことができるのです。

腸管免疫の働きを高めるためには、いい腸内細菌を増やして、腸内環境を整えることが大切です。

腸内細菌が腸内にたくさんいれば、それだけ免疫細胞が強くなります。(トレーニング相手になる)

また、腸内が悪い菌を倒しやすい環境にもなるため、2重で免疫力がアップするというわけですね。

個人的には、乳酸菌よりもビフィズス菌をしっかり摂って、殺菌力の強い酢酸を腸内に増やしてもらうことをオススメします。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です