乳酸菌(ビフィズス菌)は死んでいても効果がある?生きていたほうがいい?

生きる 死ぬ
LINEで送る
Pocket

当サイトに「乳酸菌は死んでいても効果がある?それとも生きてないと駄目なの?」といった質問をいただきました。

結論からいうと、

  • 生きている乳酸菌にしかない効果もあるし、死んでしまっても一定の効果はある
  • なので、自分が借りたい乳酸菌の効果を考えてみて、「生菌 or 死菌」のどちらを摂るか考えてみよう

というのが回答です。

このページでは、具体的に「生きている or 死んでいる」と、どんな効果の違いが生まれるのか?について解説していこうと思います。

※このページでは、ビフィズス菌も合わせて乳酸菌と呼ぶことにします。

短的なのですが、乳酸菌は「どんなに強固な種類でも、ある程度は必ず胃や腸内で死んでしまう」ため、生きている菌を摂ったほうが「生菌と死菌のどちらも摂取できる」というメリットがあります。

ただ、乳酸菌は薬ではないため、一時的じゃなくて「毎日続けて摂ること」が大事なので、あまり気にしなくてもいいかなと個人的には思います。

生きている乳酸菌「生菌」にしかない効果

生きている乳酸菌には、

  • 糖を分解して乳酸(ビフィズス菌は+酢酸も)を作り出す
  • 腸の粘膜にくっついて悪玉菌の住む場所を減らす
  • 悪玉菌と戦って勢力を抑える

といった、死んだ菌にはない作用があります。

 

生きている乳酸菌は、腸内の糖をエネルギーとして「乳酸(酢酸)」を作り出します。

乳酸や酢酸は「酸性の物質」で、腸内を弱酸性に保つ働きがあるため、アルカリ性を好む悪玉菌の活動を抑えることができます。

また、ビフィズス菌が作り出す酢酸には強い殺菌力があるため、免疫力を向上させる働きも生きている菌ならではの作用です。

 

ほかにも、乳酸菌が作り出す乳酸などの「有機酸」は、ウンチを出すために必要な「腸の蠕動運動」にも必要なため、便秘解消にも効果があります。

悪玉菌だらけの腐った腐敗物が腸内にあると、腸内に悪影響を及ぼしてしまうため、蠕動運動が正常に行われることは思っている以上に大切なことです。

ほかにも細かい作用やメカニズムはありますが、「生きている菌にしかない効果」は、悪玉菌を減らして腸を整えることにすごく重要ということを覚えておきましょう。

死んだ乳酸菌「死菌」が持っている効果

一方で、胃酸や熱で死んでしまった乳酸菌は、

  • 免疫力の強化
  • コレステロール値の低下作用

などがありますが、基本的には「腸内にいる乳酸菌ら善玉菌のエサになり、仲間を増やす働き」があります。

また、悪玉菌にくっついて便として排出する作用もあり、「乳酸菌は生死にかかわらず腸内フローラを改善する」、健康維持には欠かせない菌になります。

最近は生きたまま腸に届く乳酸菌が手軽に摂れる

「やべー生きている乳酸菌すげー!でも特別な菌だから、入っている商品は値段も高いのかな・・・?」

と思ってしまうかもしれませんが、コンビニで150円程度で売っている「飲むヨーグルト」なんかでも手軽に摂れます。

チョコレートの「乳酸菌ショコラ」なんかも、生きたまま腸に届くことが人気でよく売れています。

 

ただ、食品に入っている生きたまま腸に届く乳酸菌は、乳酸菌自体を「特別に加工したカプセル」なんかには入れていないため、どれだけの数が届くかは正直不明です。

「より沢山、より効率的に」と腸内改善に取り組むのであれば、根拠がしっかりある乳酸菌サプリメントを摂ったほうがいいですね。

といっても、「サプリは数千円するし手軽に菌活を始めれない・・・」といったデメリットもあるため、まずはどんな物でもいいから乳酸菌(善玉菌)を食生活の中に取り入れてみましょう。

乳酸菌以外にも「納豆菌・酵母菌・麹菌」など、腸内環境を整えてくれる善玉菌はたくさんいますし、発酵食品が多い日本なら手軽に入手できるので、「思い立ったが吉日」ですよー!

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です