コンビニに売っている「乳酸菌ショコラ」ってチョコは健康にいい?悪い?

乳酸菌ショコラ
LINEで送る
Pocket

一時期流行りましたよね、乳酸菌ショコラ。

チョコレートの油分で乳酸菌をコーティングすることで「生きて腸に届く数が100倍になる」という訴求で販売されているものです。

でも、今まで乳酸菌が入ったものは「ヨーグルト・飲み物」でした。

まさかチョコレートに入れてくるとは・・・でも、果たして本当に乳酸菌が摂れるのかな?と正直疑ってしまう気持ちがあります。

ということで、細かく調べてまとめてみました!

乳酸菌ショコラに入っているのは植物乳酸菌の「ラブレ菌」らしい

乳酸菌ショコラに入っている菌は公表されていませんが、ほぼほぼ「ラブレ菌」を使っているだろうということが分かりました。

 

調べたところ「日東薬品工業㈱」という会社がロッテが共同開発したもので、この日東薬品工業は「胃酸に強いラブレ菌」を研究しています。

ラブレ菌はヨーグルトなどに入っている動物乳酸菌よりも消化液に強く、「生きたまま腸に届く乳酸菌」として有名なものですから、恐らくチョコに入っている菌はこれでしょう。

ただでさえ死ににくい菌なのに、さらに油分で胃酸から守ることで、チョコレートとして食べても乳酸菌が腸内に届くようにできたのだと思います。

参考ページ:乳酸菌ショコラの開発ストーリー(日東薬品工業HP)

菌は分かったけども、果たして乳酸菌の数はどれくらい?

ラブレ菌が入っていることは分かりました、カラダに良い乳酸菌なのは確実です。

ただし、「どれくらいの数が入っていて、どれだけ生きたまま腸に届くかは分からない」ので、健康目的で食べるのはあんまりオススメないですね。

 

生きたまま腸に届くことは腸内環境をよくすることに繋がりますが、菌の数が少なければ影響力はあまりありません。

ヨーグルトは、はっ酵乳(ヨーグルト)という商品区分で販売するために、厚生労働省の規定で「100gあたり10億個以上の菌数が必要」と決められています。

ですが、乳酸菌ショコラはチョコレートなので、最低限の菌数が保証されていません。

 

また、1本40円のヤクルトには、小さい容量ながらも「1本に200億個の乳酸菌シロタ株」が入っています。

健康のために乳酸菌ショコラを摂るよりは、ちゃんと菌数が確保されているヨーグルトや飲料を飲むほうがいいでしょう。

 

チョコレートとしてはカラダに良い!けど腸内改善に食べるのは・・・?

普通のチョコレートよりは乳酸菌ショコラを選んだほうが腸にいいのは間違いありません。

それに「チョコレートで乳酸菌がとれるなんて夢みたい!」とも思います(笑)

 

とはいっても、値段が約250円と高いので、

  • 「ヨーグルトや乳酸菌飲料は嫌いだから・・・チョコレートで乳酸菌を摂りたい!」

という方以外にはどうかな?と個人的には思ってしまいます。

何も気にせず美味しいチョコレートを選んで、別に乳酸菌がとれる食品を摂ったほうが、お金もかからずに済みますし、腸内フローラを整える力も大きいからです。

 

乳酸菌ショコラは乳酸菌が摂れるとはいってもチョコレートですからね。

毎日食べるのはなるべく避けて、たまーにふつうのチョコ代わりに食べるぐらいが丁度いいんじゃないでしょうか。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です