乳酸菌とビフィズス菌の違い・効果・食品|あなたにはどっちが必要?

違い
LINEで送る
Pocket

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌 ビフィズス菌
住んでいる場所 小腸~大腸 大腸のみ
体内にいる数 10億~100億 1兆~10兆
代謝物
(作り出すもの)
乳酸 乳酸+酢酸

よく、「乳酸菌の一種類がビフィズス菌じゃないの?」と言われていますが、実はまったく別の種類になります。

乳酸菌は、糖類から「乳酸」を作り出すのに対して、ビフィズス菌は、糖類から「乳酸+酢酸」を作り出すことができます。

また、腸内の生息数も段違いで、ビフィズス菌は乳酸菌よりも圧倒的に多いため、カラダへの影響力が多いのはビフィズス菌のほうです。

最近は「乳酸菌サプリメントを摂りましょう」と言われていますが、細かくいうと「ビフィズス菌サプリメント」になるんですよね。

「乳酸菌は体にいい」と沢山の人に認知されているためそう呼ばれていますが、ビフィズス菌もカラダに大事な菌なのです。

【乳酸菌とビフィズス菌の大きな違い】

  • 作り出しているもの
  • 腸内にいる数
  • 住んでいる場所
ビフィズス菌は、酸素がある場所では生きることができません。

そのため、酸素のない大腸にしか存在しておらず、「小腸では乳酸菌が、大腸ではビフィズス菌が役割を果たしてくれている」と覚えておいてください。

どちらも「健康的で美しいカラダ」には重要な菌です。

乳酸菌とビフィズス菌の効果

乳酸菌

乳酸菌には、生きたまま腸に届く「生菌」と、胃酸や胆汁で死滅する「死菌」の2種類があって、それぞれ作用が違います。

「生きた乳酸菌」は、悪玉菌のエサとなるタンパク質を分解したり、腸内の粘膜に定着して悪玉菌がくっついて増殖する場所を減少させます。

腸内で善玉菌と悪玉菌の場所取り合戦が繰り広げられているため、乳酸菌が壁にくっつけば、悪玉菌の住居スペースを減らせるわけです。

要約すると、生きている乳酸菌は「腸内環境のバランスを正常化してくれる」という効果があります。

 

いっぽうで「死滅した乳酸菌」は、食物繊維と同じ働き(便秘解消など)をしたり、善玉菌が退治した悪玉菌を外へ排出する役割があります。

生きている乳酸菌のエサになると同時に、免疫力を向上させることにも大きく役立つため、こちらも欠かせない菌ですね。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は糖類から「乳酸と酢酸」を作り出し、それら有機酸には「腸内を酸性に保つ働き」があります。

カラダに害のある物質を出す悪玉菌は、アルカリ性を好む性質があるため、腸内を酸性にしておけば「悪玉菌の増殖を抑えられる」ことに繋がります。

乳酸菌も乳酸を作り出すことができますが、ビフィズス菌は2種類の酸性物質を作れるため、腸内を酸性に保つ能力はこちらのほうが高いと言われています。

 

また、ビフィズス菌が作り出す乳酸と酢酸の効果は、腸内を酸性に保つだけではありません。

  • ウンチを出すための蠕動運動を促進させる
  • ビタミンや葉酸を合成する
  • カルシウムの吸収を促進させる
  • 下痢を防ぐ
  • 便秘を解消させる

など、優れた作用も備わっています。

 

そもそも、悪玉菌がつくりだす有害物質は、

  • 肌荒れ
  • 疲れがとれない
  • 便秘
  • 下痢
  • 生活習慣病

など、様々な症状や病気の原因になっているため、ビフィズス菌や乳酸菌が悪玉菌を抑えるということは、これら症状を解消する力があるということになります。

乳酸菌とビフィズス菌が摂れる食品

乳酸菌

乳酸菌は、酸素があるところでも生きられるため、色々な食品に含まれています。

【乳酸菌が摂れる食品】

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • キムチ
  • 漬物
  • 味噌
  • 醤油
  • 乳酸菌飲料(ヤクルト等)

乳酸菌は、「発酵食品」の中に多く含まれています。

「植物性乳酸菌」「動物性乳酸菌」の2種類があって、さらに生きた菌と死んだ菌の2種類もありますが、難しいことはここでは省きます。

どちらにせよカラダに良いのは間違いないので、乳製品と野菜製品の両方を摂るように心がけましょう。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は酸素があると生きられないため、通常の発酵食品では増やすことができません。

そのため、ビフィズス菌自体を食品から摂る場合は、その種類が限られてしまいます。

【ビフィズス菌が摂れる食品】

  • ヨーグルト
  • 乳酸菌飲料
  • サプリメント

ただし、ビフィズス菌は私たちの腸内に元々住んでいるため、ビフィズス菌にエサを上げれば数を増やしたり、働きを活発にすることができます。

ビフィズス菌のエサは「オリゴ糖」で、バナナやリンゴなどの自然食品にも含まれているので、乳製品が嫌いな場合などはオリゴ糖を摂るように心がけましょう。

あなたに必要なのは「乳酸菌 or ビフィズス菌」のどっち?

乳酸菌もビフィズス菌も、働き自体はよく似ています。

しかし、菌の住んでいる場所が「小腸 or 大腸」と異なるため、「便秘や下痢に悩んでいる方はビフィズス菌を積極的に取るべき」でしょう。

便秘は、大腸の蠕動運動(ウンチを前へ前へと送る動き)の働きが低下したときに起こりやすいため、ビフィズス菌を摂って働きを活性化させる必要があります。

また、下痢の場合は大腸の水分を吸収する働きが弱まって起こることが多いため、同じようにビフィズス菌を摂ることで改善することがあります。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です