ラクティス菌Bb-12株の効果と特徴|酸に強くて生きて腸まで届くビフィズス菌

ラクティス菌BB12株
LINEで送る
Pocket

【ラクティス菌Bb-12株の特徴】

  • 乳酸菌ではなくビフィズス菌である
  • 乳酸菌ではないため、発酵すると乳酸以外に「酢酸」も作り出す(腸の悪玉菌を倒す効果が高い)
  • 酸に強いため胃酸でも死ぬことはなく、生きて腸まで届くことが多い
  • ヨーグルトには酸に弱いビフィズス菌を入れれないが、Bb-12株なら生きられるため入れれる
  • 悪いウイルスや菌を食べる「食細胞(マクロファージ)」を活性化する力が高い

【ラクティス菌Bb-12株をオススメできる人】

  • ヨーグルトでビフィズス菌を摂りたい人
  • 生きて腸まで届くビフィズス菌を探している人
  • 腸内の免疫機能を高めたい人

ラクティス菌Bb-12株の大きな特徴

ラクティス菌Bb-12株の一番大きな特徴は、「ヨーグルトや胃など、酸性の場所でも生きられる」ということです。

 

Bb-12株は乳酸菌ではなくビフィズス菌なので、PH4.0より低い酸性の場所では生きられません。(乳酸菌は酸に若干強い)

そのため、ほとんどのビフィズス菌が「胃酸で死んでしまい、菌の作用が期待される大腸まで届かない」という欠点があります。

 

ところが、このBb-12株はPH2.0という強い酸性下でも生存できるため、胃酸に負けない強い耐性を持っているのです。

私たちの腸内に住んでいるビフィズス菌は、酸素がある場所では生きられず、小腸にはおらず大腸に生息しています。

 

そこに仲間のBb-12株が届くので、どうせビフィズス菌を摂るなら「Bb-12株のように生きて大腸まで届く菌種が好ましい」というわけですね。

通常の乳酸菌よりもビフィズス菌Bb-12株のほうが「殺菌力が高い」

【まずは乳酸菌のおさらい】

乳酸菌は、糖を代謝して「乳酸」という酸性の物質を作り出します。

腸内に乳酸が増えると「腸内が弱酸性に保たれる」ため、悪いことをする悪玉菌が増えにくい状態を作ります。

また、乳酸菌が死ぬと善玉菌のエサになるほか、善玉菌が活発に活動する作用があるため、腸内環境が整うわけです。

 

【続いてビフィズス菌との違い】

ビフィズス菌も乳酸を作り出しますが、こちらは「酢酸」という物質も同時に作ることができます。

酢酸は乳酸よりも強い殺菌力があり、また腸内を弱酸性に保つ力も、2種類の酸を作れるビフィズス菌のほうが高くなっています。

そのため、乳酸菌よりも悪玉菌を減らす力が強く、腸内環境を整えるにはビフィズス菌のほうが優れているのです。

 

【Bb-12株だけの特徴】

ただ、ビフィズス菌は先ほどお話しした通り「酸性の場所では生きられない」ため、ヨーグルトには入れられないという欠点がありました。

Bb-12株はそうした酸に弱い短所を克服しているため、大腸内の悪玉菌を減らすには最適なビフィズス菌でしょう。

Bb-12株は病原菌を食べるマクロファージを活性化させる

健康、医学のことが書いてある文章にはよく登場する「マクロファージ」

病原菌をまっさきに攻撃してくれる「免疫の最前線で戦う戦士」なのですが、Bb-12株を摂るとコイツらの働きが高まることが分かっています。

 

Bb-12株を生きたまま摂取できるプロバイオティック発酵乳を飲むと、通常の牛乳を飲んだときよりも「マクロファージの活性が明らかに高くなった」というデータがあります。

ただし、Bb-12株を摂るのをやめてしまうとその効果は失われてしまうため、毎日少量でも摂り続けることが大事ですね。

Bb-12株は免疫力を高めてくれるので、風邪やインフルエンザにかかりやすい時期はできるだけ毎日摂りたいビフィズス菌ですね。

年中続けるのはサプリメントを飲んでも難しいですが、一定期間だけなら継続しやすいと思います。

 

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です