アシドフィルス菌L-92株の効果|花粉症対策に有効な乳酸菌・アレルギー緩和

アシドフィルス菌L-92株
LINEで送る
Pocket

アシドフィルス菌L-92株は、花粉症の症状を抑えるために厳選された乳酸菌で、カルピス㈱が保有している菌株です。

L-92株は「アレルギー症状を引き起こすIgE抗体」を抑制する作用があるため、花粉症やアレルギー性鼻炎などを抑える乳酸菌飲料やサプリメントなどに使われています。

よく見かける有名なものでは、「アレルケア」や「大人の健康カルピス」などがL-92株入りですね。

【L-92株の特徴】

  • 抗アレルギー効果
  • 花粉症予防と症状緩和
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 免疫力強化
  • 便秘予防と解消
  • 風邪、インフルエンザの感染予防

L-92株の具体的な話「アレルギー編」

L-92株が「アレルギー症状を引き起こすIgE抗体を抑制する」ことは冒頭でお話しましたが、そのメカニズムについて詳しく解説していきます。

 

【※読むのがめんどくさかったら飛ばしてねん】

①私たちのカラダの免疫は、主に「自然免疫」と「獲得免疫」がある

②外部から入ってきた異物を倒すのが自然免疫で、「残った異物」に対しては獲得免疫が攻撃する仕組み

③獲得免疫はアレルギーに大きく関わっていて、おもに「ヘルパーT細胞」というものが関与している

④ヘルパーT細胞は、場合によって「Th1細胞 or Th2細胞」に変化する働きがある

⑤Th1細胞は「細菌やウイルス担当」で、Th2細胞は「花粉やホコリなどアレルゲン担当」

⑥免疫バランスが崩れて「Th2細胞が過剰」になるとアレルギー症状が起こる

⑦本来は、どちらかが過剰にならないように、Th1とTh2がお互いの働きを抑制し合っている

⑧人間はTh2細胞が優位な状態で生まれてくるが、菌が体に入る生活を行うことで次第にTh1細胞が育ってくる

⑨しっかりと菌に触れあっていればバランスが取れるところ、抗菌や滅菌といった綺麗な生活をして育つと、アレルギー反応が出やすいTh2細胞が優位な状態がカラダの中で作られてしまう

 

【アレルギーのメカニズムまとめ】

つまり、要約すると「アレルゲン担当のTh2細胞が増えすぎているため、過剰に反応してアレルギー症状が出てしまう」わけです。

解決方法としては、Th1細胞を増やしてバランスをとるか、増えすぎたTh2細胞を減らす必要があることになりますね。

 

【L-92株のアレルギーに対する働き】

L-92株をアトピーを持つ小児59名に8週間摂ってもらったところ、多くの子供に「皮膚症状の改善やかゆみの減少」が見られた実験データがあります。

L-92株がTh2の働きを抑えて、IgE抗体の産生を抑制することが認められました。

さらに別の実験では、L-92株の作用で「増えすぎたTh2細胞を自然死させる」という報告もあり、免疫のバランスを整えてアレルギー症状を緩和することが分かっています。

 

アレルギー症状に関係しているのはTh1細胞とTh2細胞のバランスだけが理由ではありませんが、花粉症やアトピーなどに悩まされているなら、L-92株は力強い味方になることは間違いありません。

花粉やダニ、ホコリなどのアレルゲンは、食道を通って腸内に届き、つらいアレルギー症状を起こします。

そのため、腸内で作用してくれる善玉菌のL-92株が有効的なことが分かりますよね。

LINEで送る
Pocket

⇒【2017年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

「最近便秘がちだし、体調も優れないから乳酸菌サプリでも飲もうかな」と考えている方、必見です。

お腹が激弱で乳酸菌サプリのお世話になりまくった私が、試した中でよかった乳酸菌サプリをランキング形式でまとめました。

①毎日たくさんの乳酸菌が摂れる
②腸を整えるのに優れた菌種
③飲みやすくて続けやすい

といった点を評価基準にし、優れた乳酸菌サプリの順位付けを行いました。

「自分に合った乳酸菌サプリ選び」の参考にしてもらえれば幸いです。

⇒乳酸菌サプリランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です